ジェネリックとは?

ジェネリックとは「後発医薬品」のこと。有効成分が認められ一番最初に特許を取ったものを「先発医薬品」と呼びます。特許取得から20年経ち、著作権の切れた「先発医薬品」の有効成分を使って作られているのが「後発医薬品」なのです。

効果は同じなのに安価に購入できるのがジェネリック医薬品の特徴であり、メリットです。

しかしなぜ、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同一成分なのに低価格なのでしょうか?

ちょっと不思議ですよね。その理由を簡単に図で説明すると以下の通りです。

新薬とジェネリックの違い

要するに、新薬開発のための費用がかからない分、安く作れるということです。

なぜ、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同品質で、安価なのか?

なぜ、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同品質で、安価なのか?

ジェネリック医薬品の「後発医薬品」という言葉に対し、「先発医薬品(新薬)」と呼ばれるものがあります。
「先発医薬品」の開発・研究には、十数年にも及ぶ長い期間と莫大なコストがかかるため、それを手掛けることができるのは、ほとんどが大手の医薬品メーカーに限られています。
先発医薬品を開発した企業は、医薬品の構造や製造について特許権を取得し、特許期間の20年間はその薬の製造・販売を独占することができます。
先発医薬品の特許が切れたあと、その薬と同様の効果が認められる医薬品を研究費などのコストをかけずに、他の医薬品メーカーが製造・販売したものを「ジェネリック医薬品」としています。

ジェネリック医薬品は、もともとの先発医薬品と同じ有効成分を含むため、同様の効果を期待できて、安価に購入ができるのです。
種類によっては、先発医薬品の有効成分とは別に、他の有効成分を組み合わせたハイブリッドなものもあります。

医薬品の有効成分は体質により、効果も副作用もまちまちで、合う場合、合わない場合もあるかと思います。
一度正規品を試してみて、自分の身体に合い、継続しての購入を検討するならば、ぜひ安価なジェネリック製品も購入検討に入れてみてください。

インド製のジェネリック医薬品について

インド製のジェネリック医薬品について

当サイトにも掲載しているジェネリック商品の多くには、インド製のものもたくさんあります。インド製のジェネリック製品が多いことには理由があります。

世界的にみると特許の切れていない製品も、インド製のジェネリック医薬品が存在していることがあります。
これは、インド国内のみ、特許の機嫌設定が世界基準とは違い、短く設定されているためです。
既にインド国内での特許は切れているため、インド製のジェネリック医薬品は違法とはならないのです。

例えばED治療薬として有名なバイアグラのインド製ジェネリック医薬品も多数あります。
バイアグラの有効成分が含まれており、バイアグラと同様の効果を期待することができる上に安価に購入できます。
当サイトで掲載している個人輸入通販サイトは正規品を取り扱っていることをきちんと確認しているので安心してお買い求め頂けますが、あまりに安価な「バイアグラ」などとうたうものの中には悪質な偽造品も多くあるのが現状です。
そういった怪しげな偽造品を購入するよりも、インド製のジェネリック医薬品を購入するほうが安心できる場合もあります。

世界と日本のジェネリック医薬品

世界と日本のジェネリック医薬品

世界の医療先進国においては、医療費の抑制のため、ジェネリック医薬品を積極的に導入しています。 世界のジェネリック医薬品普及率は、アメリカ71%、カナダ66%、イギリス65%と、60%を越える医療先進国も多くあります。

そんな中日本のジェネリック医薬品普及率は約20%と、まだまだ低い普及率であると言えます。

ジェネリック医薬品の使用は、国家的な医療費の抑制につながります。 少子高齢化社会と呼ばれ、高齢者の医療負担が今後も増加していくであろう日本において、ジェネリック医薬品の普及は必要不可欠とされています。

ジェネリック医薬品は、どれも安全性が認められた有効成分を使っています。 安全で安価なジェネリック医薬品をぜひ活用していきたいものです。

個人輸入とは?

個人輸入とは、薬事法によって認められている正規の医薬品・医薬部外品の購入方法です。

購入した医薬品の使用目的と、購入できる数量の2点のみ、薬事法では規制があります。
使用目的は個人で使用することに限られており、数量は医薬品なら2ヶ月分以内、処方箋薬なら1ヶ月分以内と定められています。

個人輸入代行サイトとは、以下の図のように、個人が使用するために海外から商品を購入する際の手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

個人輸入とは?

個人輸入代行サイトを利用する事で、言語や通貨の違いを気にすることなく、海外の医薬品を簡単に購入することが出来ます。他にも個人輸入代行サイトには様々なメリットがあります。

個人輸入代行サイトなら、海外通販の手間を省けます!

個人輸入代行サイトなら、海外通販の手間を省けます!


個人輸入代行サイトは、個人が使用するために、海外から商品を購入する際の手続きを本人にかわって代行するサービスです。

個人輸入を独自に行うことも可能ですが、海外の業者と英語でメールのやりとりができるくらいの語学力が必要となります。さらに、個人で行う場合、商品が予定通りに到着しなかったリ、間違った住所に送られてしまったりというトラブルも多発しています。

その点、個人輸入代行サイトを利用すれば、輸入代行業者が、海外の医薬品販売業者にとりまとめて商品の注文・支払いを行ってくれます。
言葉の壁や、通貨の違いなどの面倒な手間をかけずに、海外の商品を日本にいながら手軽に購入ができます。

家族にバレずに購入できる!

家族にバレずに購入できる!

注文した商品は、海外の業者から1週間~10日で直接注文者様のご自宅へ届きます。

そんなとき、一人暮らしならばいいけれど、家族と同居していると少し恥ずかしい場合もありますよね。
なかなかデリケートな症状ですと、病院に相談へ行くのも難しいために個人輸入でお薬を購入する、という方もいらっしゃると思います。
当サイトで紹介している個人輸入代行サイトでの購入ならば、商品名欄に商品名をそのまま記載されることはありません。
海外からの発送のため、お薬は厳重に梱包され、中身はわかりません。

商品名の記載は、サイトによって表記はまちまちですが、『サプリメント』などと表記される場合もあります。
商品名の記載が詳細に気になる場合は、各個人輸入代行サイトに問い合わせてみてください。

医薬品は取り扱いをきちんと確認してから!

医薬品は取り扱いをきちんと確認してから!

個人輸入代行サイトを利用すれば、人目を気にせず、欲しいお薬を自由に購入できます。
もちろん、処方せんも必要ありません。

しかしながら、全て医薬品です。
本来ならば病院へ行って医師に処方してもらうものです。
これは、医薬品には副作用や、併用禁忌薬、また症状や併発している病気によっては服用できない方もいらっしゃるためです。

個人輸入で手軽に購入できることはもちろんメリットですが、飲み合わせによっては病状が悪化してしまったり、重篤な副作用が起きることも全く無いとは言えません。
日常的に服用しているお薬がある場合や、気になる症状がある場合は、必ず病院へ行って医師に相談してください。

医薬品の副作用にはかなり個人差があるため、過信はせず、充分注意して服用するようにしましょう。

口コミ・評判のいい薬個人輸入通販サイトは?

一番口コミで評判が多いサイトは、オオサカ堂、あんしん通販薬局、くすりエクスプレス、ベストケンコー等ですが、これらの薬通販サイトはアフィリエイターに報酬を支払うことで広告宣伝を行っております。

ジェネリック医薬品等の未承認医薬品の広告宣伝は日本では禁止されておりますので、宣伝バナーー広告を貼っているサイト作成者も依頼している側も薬事法違反という事になります。

そのアフィリエイターのサイトによって上記のサイトや他の薬サイトの評判を落とすような内容が記載されていてもそれはまったく信ぴょう性がありません。

どの通販サイトでも注文したら1,2週間以内でお薬は手元に届くのです。
詐欺や、悪質サイトというのはありません。しいて言うならサイトの作りが雑で支払い先が個人の銀行口座や海外クレジットカード引き落としなどはニセモノや詐欺の可能性があります。そういったサイトでは絶対に買わないでください。

タイトルとURLをコピーしました