シルダルード 通販

筋肉痛

シルダルードの商品説明

シルダルードは海外版テルネリン錠で、[筋肉のこり]や[腰痛、筋肉痛]などを和らげるお薬です。
腰痛、頸肩腕痛手足のこわばり、ひどい肩こり(頸肩腕痛)、五十肩、緊張型頭痛などの治療にご選択ください。
血液の流れを良くし、筋肉の緊張をほぐすことで筋肉がこわばる病気やひどい肩こり、緊張型の頭痛の治療などに用いられます。
同類の効果を持った薬の中でもシルダルードは作用が強いと言われています。

シルダルードで筋肉痛を解消

シルダルードの効能詳細

シルダルードの主成分「チザニジン塩酸塩」が脳への痛みの感覚を阻害します。
筋肉を一時的に弛緩させることで、痙性(けいせい、痙縮(けいしゅく)ともいう)の「つっぱり」を緩和します。

チザニジン塩酸塩と同成分の「テルネリン錠」、「テルネリン顆粒」、「チザニジン」、「ギボンズ」、「ルネリン」、「テルザニン」なども有名です。
シルダルードは世界でも有名な製薬会社「ノバルティス」が販売しています。
ノバルティスの製品は世界140カ国以上で販売されている実績のある製薬会社ですので安心して服用ができます。

シルダルードは同系統の中でも効き目が強いと言われており、効果が強い反面「眠気、脱力感、ふらつき」などの副作用が少しでやすく作業中の利用には注意が必要です。

筋緊張状態の改善の場合

通常成人は、チザニジンとして3mgを1日3回に分けて食後に服用します。

痙性麻痺の場合
通常成人は、チザニジンとして1日2mgより服用を始め、効果をみながら1日6~9mgまで少しづつ増やしていき、1日3回に分けて食後に服用します。
いずれの場合も、年齢・症状により適宜増減します。また、上記はあくまで目安となりますので、服用にあたっては必ず医師の指導のもとに、用法・用量を正しく守るようにします。

シルダルード2mg 成分

塩酸チザニジン(Tizanidine hydrochloride(2mg

シルダルード2mg 注意事項

持病やアレルギーをお持ちの方、通院中の方、薬を服用中の方、妊娠・授乳中の方は、服用前に医師にご相談ください。
高血圧の薬と併用すると、降圧作用が強まる恐れがありますので注意が必要です。
肝臓や腎臓の悪い方は特に注意が必要です。重い肝障害がある場合はシルダルードを服用できません。
また、一部の抗うつ薬や抗菌薬など、併用禁忌薬があります。服用の際には必ず確認を行ってください
飲酒や喫煙が薬の効果や副作用に影響を及ぼす恐れがあります。特に飲酒はお控えください。

シルダルードで筋肉痛を解消

コメント

タイトルとURLをコピーしました