バスピン(ブスピン) 通販

不眠症・睡眠薬

バスピン・商品詳細

バスピン(ブスピン)は、不安緩和剤・バスパーのジェネリック医薬品にあたる非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。5mgと10mgの2種類の錠剤タイプがあります。

「デパス」や「アモバン」の代替薬としても使用されています。

インドの大手製薬会社インタス社製です。(wikipedia)
比較的中規模な医薬メーカですが美FDA(食品医薬品局)等の各国の薬品取扱い承認を受けているグローバルな企業になります。

バスピンの価格情報ならばこちら

薄毛治療薬のロニタブでも認知されている企業です。

有効成分のブスピロンは、セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬とされ、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。

脳内の神経伝達物質を安定させることで、その他の神経伝達物質であるドパミンノルアドレナリンなどの働きを高めることができ、不安や心配といった気持ちを軽減させ心を元気にしてくれます。
不安感などを抑制し脳内の興奮状態を緩和し入眠障害を改善する効能もあります。

成分ブスピロンは穏やかな作用で高い抗不安薬ですが依存症などの副作用は低くなっています。
服用開始後、2週間前後で効果が現れてきます。

日本国内においては現在未承認のため処方されていません。

バスピン・服用方法・使用方法

個人輸入は合法的に!

抗不安薬として服用する場合、1日2~3回で10mg~15mg/回で服用します。
睡眠薬として服用する場合、就寝前に服用します。
1日の最大服用量が60mgを超えないようにして下さい。

食事の影響を受けまので食後は時間を空けてから服用ください。
また、アルコールで副作用を強める恐れがありますので、アルコールとの併用とならないようにして下さい。

バスピンを服用できない方
・ブスピロンに過敏症の既往歴がある方
・妊娠中、授乳中の方
・重度の肝臓、腎臓機能障害の方
※服用の際は、医師の指示に従ってください。

バスピン・副作用

主な副作用
主な副作用は、強い眠気、頭痛、無気力、立ちくらみ、頭痛などがあげられます。
副作用がでても軽微なはずです強く感じる場合は医師にご相談下さい。
稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、モノアミン酸化酵素阻害薬、抗ヒスタミン薬になります。

モノアミン酸化酵素阻害薬
バスピンと同じ効能がある精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬に含まれている成分

抗ヒスタミン薬
鼻水やアレルギー治療薬、酔い止め、花粉症に含まれている成分

バスピン・保管方法

高温、多湿、直射日光を避けて、小さなお子様やペットの手の届かない場所で保管してください。

プラスチックのケースを分割カットするなどで、誤飲するケースが有ります。

バスピン・その他

※服用や使用方法、効果、副作用は、一般的な薬剤情報からの引用、または、販売国の商品説明書から和訳を行っています。
お体の状態など効果や副作用などは個人間で差異がありますので、お体がご心配の方は医師にご相談するなども必要です。

バスピンの価格情報ならばこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました