ユークロマ 通販

ED治療薬

ユークロマ・商品詳細

ユークロマはユークロマプラスとユークロマの2つの製品種類があります。
追加配合されている成分の違いです。目的に合わせたご利用をお願い致します。

ユークロマはお肌のシミや黒ずみを漂白する効能がある成分「ハイドロキノン」が配合されています。

美白成分の発見は、このハイドロキノン成分は写真を現像する時にも使われておりましたが、現像作業から人の手が白くなる効果が見つかりました。

現在では美容クリニックでは必須の美白クリームとなっています。

ユークロマプラスは肌の代謝を良くする成分が追加

ユークロマプラスには成分トレンチノインが追加配合させています。
これはトレンチノインは「お肌再生クリーム」として黒ずんだ角質の代謝(ターンオーバーと排出)を早める働きがあります。ですが、デメリットとしてはお肌に負担をかける点にあります。

ユークロマプラスへ、このトレンチノイン成分の配合量は0.025%となっておりお肌への負担を抑えた配合量となっています。

トレンチノインはビタミンAの誘導体で浸透力に優れています。
生理活性作用はビタミンAの50倍~100倍

トレンチノイン配合のユークロマプラス価格の確認

ユークロマ(プラス)の副作用

注意が必要な副作用としては、かゆみ、かぶれ、皮が剥ける、色素沈着の悪化、白斑などがあげられます。
これらは慎重にご使用いただければ回避できる副作用です。

ハイドロキノンを使用中はお肌が弱くなているため、紫外線に当たるとメラニンを過剰に生成させシミが濃くなる可能性があります。
外出時には日焼け止めなどで、UV対策をするようにしてください。

刺激が強かったする場合は別のクリーム等で薄めて使用できます。
ただし、効果も弱くなります。

ユークロマプラスのトレチノイン治療においては強い乾燥や皮剥けが起きやすくなります。使用中は保湿をしっかりと行ってください。

長期間の継続使用をすると必要以上に白くなってしまう可能性がありますので、お肌の色合いを確認してご使用を継続してください。

妊娠中、授乳中は使用しないでください。

出来る限り安心して美白を楽しみたいならユークロを確認

ユークロマとユークロマプラスの違い

ユークロマとユークロマプラスの違い

美白効果の点では両者とも同じ目的で使用されますが、

トレンチノインの効果が欲しい、トレチノインは自分の肌には合わない等でご選択されるようです。

ユークロマプラスは成分調整をされていますが、トレンチノインのターンオーバ効果は強力ですので人によっては刺激が強すぎる場合があります。

ユークロマプラスには「モメタゾン(フランカルボン酸エステル)」も配合されているのは、炎症や免疫、アレルギーを抑えて、かぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚の腫れや赤み、かゆみを緩和する効果があります。

トレンチノイン0.025%は効果がでる最低ラインです。
お肌にも安全です。

ユークロマ(プラス)クリームの使い方

①洗顔後、まずは化粧水などでお肌を整えて下さい。
 *お肌がサラッと乾くまでお待ちください。
②綿棒又は指先に少量(グリンピース1粒位)の量をとります。
 お肌の気になる部分からはみ出さないように薄く丁寧に塗って下さい。
③上記を1日2回、朝と夜に使用します。
 (赤みが強くなってきたり、刺激の強い方は1日1回夜にご使用して下さい。)
・約1ヶ月~3ヶ月ほどで効果が表れます。
・ユークロマ(プラス)使用時はお肌が弱くなります。
 外出時は使用せず日焼け止めクリームも併用するようにして下し亜。
・医薬クリームですので使用する前にパッチテストを行ってください。
 *24時間様子を見て、お肌に異常が出る場合はご使用しないでください。

効果は穏やかですので、それほど神経質にならなくて良いですが、目に入らないように注意してください。
目じりからクリームが入り込んでしまいがちです。


ユークロマ(プラス)の保存方法

ユークロマ(プラス)の成分は劣化が早いと言われています。
*開封後の使用期限は1年です。

開封後は「キャップ」をしっかり止めて涼しい場所で保管してください。

夏場などは冷蔵庫などで保管する事をお勧めします。

消費期限がありますが、これは常温保管における期限です。
まとめてご購入の場合は冷蔵庫などで保管しておくと更に長持ちできます。

ユークロとユークロマプラスの確認

コメント

タイトルとURLをコピーしました