アイピル 緊急避難薬通販

避妊

「中だし」されても安心の緊急避妊薬。
彼氏が避妊をしてくれない、安全日だと思って中田氏をしたが安全日の計算を間違っていた。お酒が入っていたこともあり、外だしのつもりが少し中に出てしまった、などなど、特に若い人ほど利用率が高い緊急避妊ピルのアイピルです。

アイピルで多めの女性ホルモン成分を摂取することによって受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅らせるなどして、妊娠を回避させます。
避妊の失敗から24時間以内に服用出来れば訳95%の妊娠するのを防ぎます。

アイピルは120時間までならば、避妊効果が期待できます。

中だししてしまった時の緊急避妊方法とは?

男性ならば女性の体を考えて、コンドームの着用をしてあげてください。

気持ち良さのあまりに、抜くのが遅くなり少し中に出てしまう事は無かったでしょうか?

素敵な彼女だったので、妊娠させたい欲求に負けてしまって後悔し、不安になるのではないでしょうか?

もし、ゴム無での性行為をする場合は男性は「アイピル」等の緊急避妊薬を常備してください。

中だしならばアイピル

アイピルの緊急避妊薬は定期的に予め服用して整理を調整し、精子が膣内に入っても妊娠しなくなる低量ピルなどとは異なります。
一度、服用で効果を発揮しますが、唯一のデメリットはアイピルの服用で女性の身体の負担をかける事です。もちろん、望まない妊娠の結果、避妊手術をするよりも、はるかに安全で経済的にも優しくはなっています。
ですが、出来れば使わないで済みたいですね。
副作用としては「吐き気、腹痛、頭痛、眠気」などがあります。
また、消退出血が起こることがあります。消退出血とは子宮内膜が剥がれ落ちたときの出血のことを言います。生理とはことなり短期間で終わることが多いです。

お薬の相性が悪く、強い吐き気なのどの副作用となる場合もあります。
もし、吐いてしまうとお薬の成分を吐き出してしまう事になるので、女性の方は我慢して吐かないようにして下さい。
アイピルを吐き出してしまえば避妊効果が無くなる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました