女性用バイアグラは不感症にも効果アリ!?

ED

男性同様に女性にも女性専用バイアグラがあります。バイアグラというとED治療薬で女性には関係がないと思われるかもしれません。

女性の減退した性欲を回復させる薬として女性用バイアグラと呼ばれる『フリバンセリン』は、6月4日にアメリカの食品医薬品局の委員会での承認に向けて、医薬品の見直しを改めました。

男性の通常のバイアグラは服用することで海綿体への血行を良くして男性器の物理的な勃起を手伝う効果があります。

それに対して女性用バイアグラといわれている『フリバンセリン』はある種の抗うつ剤で、性に対する消極的な気持ちを改善するための医薬品とのことです。

つまり、メンタルに作用する医薬品で、男性用のバイアグラとは根法的に違うのです。

催淫剤ではないので、服用すると体が疼きだす・・・ということもないです。

フリバンセリンの副作用の問題とは?

フリバンセリンはその機能以上の問題を引き起こしかねないことを危惧されています。
一部の研究者は、眠気や吐き気といった薬の副作用を考えれば、その効用は取るに足らないものだと主張します。
男性のカマグラ等のED治療薬は“そのつど”の服用で済みますが、女性用フリバンセリンは日々の継続服用が必要となる。

また、飲酒などの習慣と薬とが合わさることでの副作用のリスクも上がるかもしれないし、プラシーボ以上の効果が証明されていないと言う人もいる。

「フリバンセリンは、毎日、継続扶養が必要ですので、予測できない低血圧症や突発性失神といった深刻な障害を引き起こす可能性があります。また、アルコール、経口避妊薬、抗真菌薬、トリプタン、その他の多くの薬によって、副作用が悪化します」

女性用バイアグラはフリバンセリンだけじゃない!?

上記では、フリバンセリンについてお話しました。
毎日、服用や「その」リスクについて理解されたかと思います。
実は、フリバンセリンではない女性用バイアグラが既に販売されています。

その女性用バイアグラは「ラブグラ」という商品名の女性向けバイアグラです。

ラブグラは、女性の性的な欲求や快感を満足させるために開発された女性用のバイアグラです。

ラブグラには、バイアグラと同様に「シルデナフィル」成分が配合されています。
ラブグラの効果は、バイアグラ同様に女性器への血流を促し、濡れやすくし、感度を向上させます。

不感症の原因は、女性器への血流を阻害する酵素によって、血管が拡張しないため血流不足となり感度を削ぐためです。

しかし、クエン酸シルデナフィルはPDE5阻害酸素の働きを抑制するので、十分な血流を女性器へ導きます。

この働きにより、女性の不感症が改善され、満足できる性行為を行えるということになります。

ラブグラは媚薬と勘違いされがちなのですが、性的刺激を受けなければラブグラの効果は発揮されませんので、理解した上で服用して下さい。

女性も性行為に対しての悩みはつき物です。

悩みを解決して、夜の生活も充実されていきましょう。

女性も性行為に対しての悩みはつき物です。

悩みを解決して、夜の生活も充実されていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました