抜け毛に悩んでいる方へ!プロペシアジェネリック比較ランキング

AGA

プロペシアはフィナステリドを有効成分とする抗アンドロゲン薬です。日本では2005年に0.2mg、1mgとしてプロペシアの商品名で認可され販売されております。

有効成分のフィナステリドは2型5-α還元酵素を阻害する働きにより、AGAの治療薬として使用されております。5-α還元酵素は、男性ホルモンのテストステロンと結びつくと薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換させるため、DHTの変換を抑制することで髪の毛の成長サイクルを正常に戻します。

臨床試験では、98%の人にAGAの進行を抑制する効果があったとする報告があり、使用する年月が経過するごとに発毛する量が増えるためとても効果のある治療薬で人気となっております。

そんな人気のプロペシアですが、プロペシアジェネリックが登場しております。プロペシアジェネリックについての服用方法や人気商品などをランキングで紹介していきます。

プロペシアジェネリックとは?

個人輸入は合法的に

プロペシアジェネリックとはプロペシアの発売後の特許が満了になった後に登場するお薬で、同じフィナステリドを有効成分に持っております。有効成分が同じなので理論上はプロペシアと同じ効果を発現します。日本では2005年に登場したプロペシアですが、2015に特許が満了となったため、各種ジェネリック製薬メーカーからプロペシアジェネリックが登場しております。プロペシアジェネリックの特徴として、

薬剤価格が安い

ジェネリック医薬品は成分の開発コストが安くすむため、その分薬剤価格も安くなります。プロペシアを病院で処方してもらうと1錠あたり200円~300円ほどとなりますが、プロペシアジェネリックの場合は150円~200円ほどと安くなります。また、通販サイトで購入するとさらに安く150円を下回りますので、半額くらいになります。

プロペシアジェネリックの服用方法、使用方法は医薬品の種類によって様々です。

脱毛サイクル

プロペシアジェネリックの有効成分であるフィナステリドは抗アンドロゲン薬となります。抗アンドロゲン薬とは男性の性欲減退や男性・女性の脱毛症状、男性の前立腺肥大などに効果があります。このうちフィナステリドでは男性型脱毛症であるAGA以外にも前立腺肥大の治療にも使用されております。

AGA治療にフィナステリドを使用する場合は0.2mgや1mgなどの低含量で使用します。1日1回水などで服用し最低でも6か月ほどは毎日服用することになります。

前立腺肥大や前立腺癌にフィナステリドを使用する場合は5mgの高含量タイプを使用します。

高含量のプロペシアジェネリック

プロペシアジェネリックの中には5mgの高含量タイプのものもあります。AGA治療の場合、高くても1日1mgの使用なので割って使用することとなります。割って使用することで薬剤価格が大幅に削減できるのでオススメですが、身内に妊娠している方や小さいお子様がいる場合には割った錠剤の保管に注意しましょう。錠剤を割らない場合は錠剤の外側はコーティングされているため問題はないのですが、錠剤を割ってしまうと内側のコーティングされていない部分が出てきてしまうことになります。有効成分のフィナステリドは皮膚からも吸収してしまうため、禁忌である女性や小さいお子様が触れてしまう可能性があるからです。できるだけ割らずに使用することを優先にしましょう。

プロペシアジェネリックの危険性を解説!リスクはある?

プロペシアジェネリックは医薬品となるため、有効成分の効果とは別に副作用などがあります。また、使用できない人もおられますので薬剤の使用や管理には注意してください。

副作用

プロペシアの臨床試験での副作用としては、性欲減退が1.1%、勃起機能不全が0.7%、使用調査では性欲減退が0.2%、肝機能障害が0.2%との報告があります。抗アンドロゲン薬としての作用で性欲減退がみられるみたいですが、割合が低いため気にするほどではないと思います。ただ、肝機能障害の報告もありますので、体調が優れない場合は医師に相談を行いましょう。他の病気がある方や何かしらお薬を飲まれている方などは副作用がでる可能性が高くなりますので、医師に相談することをオススメします。

使用できない人

プロペシアジェネリックを使用できない方では、女性の方や未成年の方は使用できません。DHTを抑制する作用のお薬であるプロペシアジェネリックですが、このDHTは幼少期の男性には男性器の生成に重要な役割を持つ男性ホルモンとなります。そのため、妊娠中の方や授乳中の方は特に使用しないように注意してください。また、薬剤に触れることのしないようにしましょう。

プロペシアジェネリック比較ランキング

抜け毛予防が出来るプロペシアジェネリックは2択で決定。
個人的にはコスパ最高のフィンカ―で決まり。

フィンペシア1mg[Finpecia]

フィンペシア

プロペシアのジェネリック医薬品となるため価格が安いことも人気の要因となります。製造するインドの製薬会社のシプラ社はインドの医薬品ランキングでも5位に入る大手の製薬会社です。
   「フィンペシア1mg[Finpecia]」の詳細を見る

フィンカ―5mg[Fincar]

フィンカ―5mg

1位のフィンペシアに比べると価格は高いですが最大5分割できるので1回あたりのコストが最小限に抑えられます。1mgで効果が弱かった人からの変換で使用されております。

  フィンカ―5mg[Fincar]の詳細を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました